本文へスキップ

LPJ BALI ( エルページェーバリ)は、インドネシア政府認定の送り出し機関です。

For Indonesian Site  

Tel +62 361-4480841 / Mobile+62 812-364-7433

ごあいさつGreeting


 LPJ BALI代表を務めさせていただいております、ヘリ レスパティアでございます。
 1990年代以降のバリ島では、多くの日本人観光客が訪れ、ホテルやレストラン、旅行代理店などの観光部門における日本語でのコミュニケーションができる人材の必要性が高まっていました。まさにその時代に、私は愛知県の南山大学に留学する機会を得ました。留学中に感じた日本は、教育や生活レベルが高い素晴らしい国でありました。そのような国とインドネシアとの橋渡しとなる日本語教育に貢献すべく、留学後に日本語学校を設立しました。多くの生徒がこの日本語学校を卒業しましたが、語学習得だけではなく日本で自身の語学力や専門の技術を高めてみたいという強い意思を持つ生徒達からの要望に応える形で、外国への送り出しの認可取得に奔走し、2008年に政府認可の送り出し機関として派遣事業を開始いたしました。現在までに、介護や水産加工、建築塗装、耕種農業などの企業様/組合様へ約235名の研修生を送り出しをさせていただいております。

 日本では、少子化や労働力の減少により、分野を拡大して外国人の実習生を受け入れる方針が示されました。東南アジアの各国から、今までに増して研修実習生の送り出しが盛んとなると予想されています。しかし、私は、インドネシア研修実習生を単なる期間労働者とは考えておりません。人口世界第4位の国であるインドネシアは、未だ発展途上ではありますが、これからは世界を支える未来ある国として成長を続けていくことを確信しています。日本で培ったかけがえのない経験の中で、技術や文化を吸収した若い人材が、インドネシアの未来を担う役目を果たしてくれると信じております。

 一期一会の精神で、企業様/組合様のご要望にお応えできる優秀な人材を派遣できるよう邁進してまいります。是非、お問い合わせをくださいますようお待ちしております。

                                   代表 ヘリ レスパティア


代表者略歴


1987〜1990年 バリ島の私立高校にて副校長及び英語教師として従事
1990〜1992年 愛知県 南山大学に留学
1992〜2001年 インドネシアに帰国後、バリ島の私立高校に復帰
        日本語及び英語教師として従事
1993〜2008年 日本語学校「LPJ BALI」を設立。校長を務める
2008年〜現在 インドネシア法務大臣認可機関「LPJ BALI」の代表を務める


日本語教育部門の実績


1992〜1995年 バリ日本文化学院から日本語教育の受託
1993〜1995年 バリ外国語研究所(公共機関)にて日本語専門家として活動
1993〜1998年 バリインペリアルホテル、シェラトン系ホテルなど
        大型ホテル・国際会議所職員などへの日本語教育
1997〜2005年 JALパック等日本企業、その他のバリ島民間企業にて社員への日本語教育
2001〜2005年 デンパサール空港職員への英語及び日本語教育
2002〜2005年 出入国管理局及び税関職員への日本語教育
2005〜現在  他の送出機関から受託にて、日本への技能実習生候補者への
        日本語及び生活指導
… これまでに、合計800名以上を対象とした日本語教育に従事


その他


日本語弁論コンテストのバリ州大会審査員、
バリ州における日本語能力試験実施実現交渉者メンバー

など様々な活動を通し、インドネシアにおける日本語教育環境の向上に努める。


バナースペース

LPJ BALI(エルページェーバリ)

Jalan Raya Pemogan,
Gang Taman No. 62,
Banjar Sakah, Desa Pemogan,
Kecamatan Denpasar Selatan, Kota Denpasar, Bali 80221
INDONESIA

TEL +62 361-4480841
Mobile +62 812-364-7433
e-mail info@lpjbali.com